冷え性と足のだるさの関係とはどのようなものでしょうか?

冷え性と足のだるさの関係とは?

冷えもだるさも下半身に老廃物が蓄積するのが原因

足がだるい冷えとむくみ血行

足のだるさのおもな原因となるのが冷え性。とくに女性の間でよく見られます。

 

だるさだけでなく、すぐに疲れやすくなったり、下半身にむくみが生じるといった問題も見られます。

 

ではどうして冷え性が足のだるさの原因となるのでしょうか?冷え性の原因は下半身の血行不良です。

 

血液の循環が悪化することで下半身に送り込まれた血液を心臓にまで押し返すことがうまくできなくなり、老廃物が回収されずに蓄積してしまうのです。

 

その結果疲労がなかなか回復しなくなり、足がだるい状態になってしまいます。

 

そのため、足のだるさに悩まされている場合にはまず下半身の血行不良を改善する必要があります。

ストレスで血管が収縮

足がだるい冷えとむくみストレス

そのためには血液の循環が悪化している原因を把握することが大事です。女性に良く見られるのが筋力不足

 

下半身は心臓から遠く、しかも重力に逆らう形で血液を押し返す必要があるためポンプの役割を果たす筋力が必要になります。

 

女性の場合この筋力が不足することで押し返すことができずに血行が滞ってしまうのです。

 

とくにふくらはぎは第二の心臓とも言われ、この部分の筋力不足が足のだるさの直接の原因となります。運動不足の人、歩く機会が少ない人は注意しましょう。

 

それからストレスや疲労の蓄積。とくにストレスは血管を収縮させる作用をもたらすため、血行が滞りがちになります。

空調環境や食生活も注意

足がだるい冷えとむくみ筋力

先にあげた筋力不足と結びついて冷え性が進行するケースが多いのが特徴です。

 

運動はストレスと疲労の解消にも役立ちますから、足のだるさ対策としてうまく取り入れていきたいところです。

 

もうひとつ女性によく見られるのが低体温。冷房が効いた部屋に長時間過ごす、偏った食生活を送るといった理由で体温が低くなって冷え性になってしまうのです。

 

空調環境に注意すること、体を温める食材を積極的にとりいれるなどの対策を行いましょう。

 

このように、冷え性は多くの女性にとっての足のだるさの原因となっています。今回取り上げたような対策で改善を目指してみてはいかがでしょうか。

冷え性の原因にはどのようなものがある?

足がだるい冷えとむくみ筋力

足のだるさの大きな原因となるのが冷え性。とくに女性にとっては深刻な悩みです。

 

足のだるさだけでなくむくみや下肢静脈瘤、さらには肌荒れなどの問題を引き起こしてしまうからです。

 

ではそもそも冷え性とはどのような原因で生じるのでしょうか、どうして女性に多く見られるのでしょうか?

 

最大の原因となるのが血行不良。血行が滞ることで全身に血液が行き渡りにくくなってしまい、体が冷えやすくなります。

 

手足など末端が冷えやすいのもそのためです。とくに下半身は心臓から遠いため冷え性が起こりやすくなります。

 

ですからまず血行不良の原因を特定することが大事です。

 

血行不良をもたらす原因としては筋力不足がまず挙げられます。

ふくらはぎは血液のポンプ

足がだるい冷えとむくみ筋力

血液は心臓から動脈によって全身へと運ばれ、体内の老廃物や毒素を回収しながら静脈を通って心臓へと戻っていきます。

 

その際、下半身の血流を重力に逆らう形で心臓まで流れていく必要があります。

 

そこで下半身の筋肉、とくにふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液を流していきます。

 

そのため下半身の筋力が不足している人ほど血行不良が起こりやすいのです。

 

この点は下肢静脈瘤とも関わってくるだけに注意が必要です。

 

体を動かす習慣がない人、足に筋肉をつけたくないと思っている人は知らず知らずのうちに冷え性の原因を作ってしまっている可能性があるのです。

締め付ける下着や服装で血流が悪化

足がだるい冷えとむくみ服装

それから服装や姿勢。体のラインを整えるために締め付ける下着や服を着用している人も多いはず。

 

そんな締め付ける服装が血管を圧迫して血液の流れを邪魔してしまうこともあります。

 

一方姿勢では立ち仕事やデスクワークなど長時間同じ姿勢でいると特定の部分が圧迫を受けることで血流が妨げられてしまいます。

 

適度に体をほぐしたり、体を休める工夫が必要でしょう。さらに姿勢の悪さが骨盤の歪みをもたらして血行不良をもたらすこともあります。

 

血行不良の他にも冷房が効きすぎる環境で過ごす、冷たいものや生ものなど体を冷やしやすい食事を多く摂っているといった環境で冷え性になることもあります。

 

日々の生活の中で注意していくよう心がけましょう。

なぜ女性に冷え性が多いのでしょうか?

男女では生活習慣や体のつくりが異なる

足がだるい冷えとむくみ男女違い

冷え性といえば多くの女性が抱える悩みとして知られています。

 

男性の場合には30代を過ぎる頃から見られ始める傾向があるのに対し、女性の場合はもっと若く20代から見られるのが特徴です。

 

ではどうして女性は冷え性になりやすいのでしょうか?

 

その理由に関しては男性との体の作りの違いと、生活習慣の違いの両方が挙げられます。まず体の作りの違いでは筋力の差が挙げられます。

 

筋力、とくに下半身の筋力は心臓から下半身へと巡ってきた血液をまた心臓へと送り返すポンプの役割を担っています。

男性に比べて骨盤がゆがみやすい

足がだるい冷えとむくみ骨盤歪み

この筋力が不足していると血液が心臓へとうまく送り返せなくなり、血行不良に陥るのです。

 

しかも本来血液とともに回収されていくはずの余分な水分や老廃物も下半身に残ってしまうため、むくみやセルライトといった問題も引き起こします。

 

体の作りの違いでは骨盤の歪みやすさも大きな要因として挙げられます。

 

女性は男性に比べて骨盤が歪みやすい傾向があります。

 

これは出産や月経の際のホルモンバランスの変化で骨盤が緩んだり締まったりすることがあるからです。

 

また、生活習慣の違いとも関わってきますが、足を組んだり、ショルダーバッグを片方の方にかけるなど骨盤を歪めやすい姿勢や習慣も大きな要因となります。

無理なダイエットもむくみを起こしやすくしてしまう

足がだるい冷えとむくみダイエットホルモン自律神経

骨盤が歪むと余分な脂肪や筋肉が付きやすくなるだけでなく血流も悪化してしまいます。

 

日常生活で自覚しにくく、気づかないうちに骨盤が歪んで冷え性をもたらしてしまっていることも多いので注意が必要です。

 

生活習慣の違いに関してはこれまで挙げた運動不足や姿勢の問題のほか、無理なダイエットも挙げられます。

 

筋力不足とも関わってきますが、極端な食事制限を行うことで血行不良や筋力の低下が見られます。

 

他にもホルモンバランスと自律神経の乱れからむくみが生じやすい状態になってしまうのです。

 

そのほか男性に比べて甘いものを好む傾向があること、体を強く締め付ける衣服や下着を着用することが多いこともなども女性に冷え症が多い原因となっています。

 

当てはまる人はまず原因の改善から冷え性対策を始めてみてはいかがでしょうか。

冷え性が気をつけなければいけない病気とは?

冷えが続くことで病気を引き起こすことも

足がだるい冷え月経痛若年性更年期障害

冷え性とは手足など末端が冷えやすい状態や下半身のむくみやだるさをもたらす症状のことです。

 

血行不良や骨盤の歪みなどが原因と言われていますが、他にも病気が関わっている可能性があります。

 

また、病気が原因で冷え性になるだけでなく、冷えが続くことが病気の引き金となることも多いので注意しましょう。

 

では冷え性が気をつけなければならない病気にはどのようなものがあるのでしょうか。この点に関してはなぜ女性に冷え性が多いかという疑問とも関わってきます。

 

女性特有の病気との関わりが深いからです。まず月経不順。冷えによる血行不良によって卵巣への血流も悪化してしまい、機能が低下します。

 

卵巣は女性ホルモンを分泌させる役割があります。

月経痛は子宮の周囲に血液が溜まることが原因

足がだるい冷え月経痛若年性更年期障害

その為月経不順の引き金なるほか、ホルモンバランスの乱れがもたらす心身両面のトラブルが生じます。

 

月経不順と深く関わる病気には月経痛と若年性更年期障害が挙げられます。

 

月経痛も血行不良が原因で生じるもので、血流が悪いことで子宮の周囲に血液が溜まりやすくなり、痛みが生じやすくなるのです。

 

一方若年性更年期障害は月経不順と同様、卵巣機能の低下で女性ホルモンの分泌量に異常が起こることで生じます。

 

無理なダイエットやストレスなど生活習慣に問題を抱えている人はとくに注意が必要です。

 

それから低体温。冷え性と混同される傾向があります。

低体温は体全体が冷える

足がだるい冷えと低体温

下半身や手足など血流が悪い部分が冷える冷え性に対して体全体の体温が下がるのが低体温です。

 

体温が1℃下がると免疫力が40パーセントも低下するというデータもあります。

 

病気になりやすくなるほか、肌荒れや内蔵機能の低下といった症状があらわれるようになります。

 

他にも下半身の血流悪化がもたらす下肢静脈瘤も挙げておきましょう。冷え性と併発することが多いので要注意です。

 

こうした冷え性が気をつけなければならない病気を踏まえたうえでできるだけ早く対策を行っていくことが大事です。

 

女性の場合、放置しておくと不妊症の原因になることもあるのでとくに要注意。男性の場合は足のだるさから慢性疲労など生活に支障をきたす状態に陥る恐れがあります。

体を冷やす食べ物にはどのようなものがある?

火照りやホットフラッシュ対策には役立つ

足がだるい冷え食べ物ホットフラッシュ

冷え性の原因に食生活が潜んでいる可能性もあります。

 

とくに現代人は偏った食生活を送りがちなため、栄養バランスの乱れが健康状態を悪化させてしまうケースも見られます。

 

冷え性と食生活の関係では「体を冷やす食べ物」に注意が必要です。

 

こうした体を冷やす食べ物には鎮静作用や炎症を和らげる効果など体に良い影響をもたらす面があり、体の火照りやのぼせ、ホットフラッシュ対策などにも役立ちます

 

しかしそればかりを食べていると体が冷えてしまい、冷え性の原因となります。

 

ではこの体を冷やす食べ物とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

・果物:キウイやすいか、パイナップル、メロン
・野菜:きゅうり、トマト、なす、にがうり、レタス、こぼうなど
・アルコール飲料
・そば・あさり・カニ
・バター 豆腐

 

果物は夏場の定番の物が多く、暑い日によく食べている人も多いのではないでしょうか? 

 

また上記に挙げた野菜はビタミンや食物繊維が豊富に含まれており、健康に欠かせない食材ですが、やはり偏って食べ過ぎてしまうと体を冷やしてしまいます。

食べる場合は出来るだけ火を通す

足がだるい冷え食べ物調理

とくにきゅうりやトマトは生のまま食べることが殆どですので、冷え性の人は注意しましょう。

 

そしてアルコールを避けるのは当然として、そばは主食にもなるので注意が必要でしょう。

 

バターや豆腐なども食べ過ぎると体を冷やしてしまうことがあります。

 

ただし、こうした食べ物に関しては調理方法も深く関わってきます。生のまま食べるよりも火を通した方が体を冷やしにくいことはすぐに理解できます。

 

野菜のところであげたように、生で食べやすい食べ物の方が体を冷やしやすく、できるだけ火を通して食べるように心がけることが大事です。

 

今回取り上げた食べ物はどれも健康に良いものばかりですから、調理方法、食べ方もよく考えた上で毎日の食生活を送るよう心がけたいところです。

 

季節ごとの食材選びや調理方法の工夫も考慮していくことも重要でしょう。

 

体を温める食べ物にはどのようなものがある?

食べ物には体を冷やすものと温めるものがあります。

 

そのため冷え性対策ではできるだけ冷やす食べ物は避け、温める食べ物を意識して摂取していくことが大事なのです。

 

では体を温める食べ物とはどのようなものなのでしょうか。

 

ジャンル 主な食べ物 特徴
香辛料 生姜、胡椒、生姜、シナモン、唐辛子など 食べるとすぐに体が熱くなってくるので実感できる
野菜 南瓜、かぶ、小松菜、アスパラガス、玉ねぎ、ネギ、ピーマン、パセリ、人参、ニラ、蓮根、らっきょなど 火を通しやすい物が多い
果物 オレンジ、ココナッツ、ライチ、ザクロ、あんずなど ザクロは女性ホルモンのバランスを整える効果もある
主食 鶏肉、鶏レバー、豚レバーなど レバーは特に栄養価が高い

穀類

もち米、黒米、小豆、黒豆など

豆腐や小麦は冷やす食べ物に分類される

 

香辛料は簡単に温められる食べ物ですが、一方では刺激が強いため、摂り過ぎると胃を傷めるといった問題も起こります。あくまで適量を心がけて摂取していきましょう。

 

それから野菜はビタミンやミネラルを摂取する方法としても大事です。

 

野菜の場合、体を冷やす食べ物と温める食べ物の両方があるため、しっかりと選びわけることが必要です。

 

野菜と同じく冷やす食べ物も多いのが果物。果物が好きな人はこれらを意識して摂取するとよいでしょう。

お酒も種類によって冷え性対策に

足がだるい冷え症ワイン

主食となる食べ物の中でも、大半の肉類は温めも冷やしもしないため

 

調理方法も工夫しながら体を温めやすい環境を食事に中で用意することも大事です。

 

他にもあなご、いわし、えび、鮭、カツオといった魚類、ニンニク、味噌、醤油、さらに紅茶や赤ワイン、日本酒といったお酒なども体を温める食べ物として挙げられます。

 

冷え性に悩んでいる人はこれらを日々の食事の中にうまく取り入れてみましょう。

 

夏に食べたい冷え性に良い食事レシピとは?

夏場は体を冷やしやすい時期です。

 

冷たい飲み物を多く摂りがちですし、食事も生ものや体を冷やしやすいものを好んで食べてしまう傾向があります。

 

そんな夏の冷え性対策に役立つ食事レシピを紹介していきましょう。

レバニラ

足がだるい冷え症レシピニラレバ

・体を温めるだけでなく夏バテ対策にもぴったり。
・好き嫌いがはっきり分かれるので、他の食材と組み合わせてクセをできるだけ感じさせないように。
お勧めメニュー:レバニラ炒め
→ニンニクや細かく刻んだ生姜を加えるのもポイント
 豚肉も加えれば、レバー自体が苦手な人でも食べやすい

 

麻婆豆腐

・市販の元を使えば簡単に作れる
・体を冷やすとされる豆腐を夏場でも温かく食べられる
・細かく刻んんだニンニク・生姜・ねぎを加えて

 

南瓜

足がだるい冷え症南瓜

・体を温める食材であり、様々なメニューに使用できる

 

お勧めメニュー1:南瓜コロッケ
→人参や玉ねぎなど他の食材を加えて、野菜が苦手な人も手軽に野菜不足も解消
大きさも調整しやすいから、子供からお年寄りまで食べやすい

 

お勧めメニュー2:レンジ煮
→ワタと種を取り除いて、出汁と一緒にレンジで加熱するだけなので簡単
  冷蔵庫保存しやすく、温めてすぐに食べられる

 

こうした夏に体を温めて冷え性対策に役立ってくれるレシピを日々の料理のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

冬に食べたい冷え性に良い食事レシピとは?

冬の食べたい冷え性対策の食事といえば何といってもショウガです。

 

体の内部からポカポカと温めてくれるため、冷え性対策だけでなく低体温や免疫力の低下、さらに内蔵機能の低下なども役立てることができます

 

下半身のむくみな体脂肪の増加に悩んでいる人にもオススメです。

 

では冬に食べたい食事レシピを見ていきましょう。

 

ニラと牛肉の生姜鍋

足がだるい冷え症もやし

・土鍋にごま油を大さじ1杯程度を入れて弱火で炒めるのがポイント
・ニラだけでなくもやし(※)や春雨も加えてボリュームアップ
・生姜だけでなくニンニクも加えると一層温まる
・牛肉の旨味が野菜に染み込んで美味しく食べられる
※ビタミンB群、C、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維を含んでいる栄養たっぷりの野菜

 

あんかけ

・生姜のみじん切り・にらを加える
→相乗効果で体の内面から温めてくれる
・市販の鶏がらスープで簡単に作れる
・季節を問わず手軽に作れる人気メニュー
・とろみがあるので、具材を小さくすれば子供やお年寄りも食べやすい

 

南瓜

足がだるい冷え症もやし

和風メニュー:あんかけ
・鶏ひき肉を生姜と一緒に炒める
・レンジで加熱した南瓜の煮汁と醤油を上記に加える
・片栗粉でとろみをつける
→ご飯との相性も良い

 

洋風メニュー:チーズ焼き
・トマト、ナス、合いひき肉、タマネギとニンジンのみじん切りと共にピザ用チーズをかけて焼く
・手軽にボリュームも野菜もたっぷり摂取できる

 

こういった冬場の冷え性によい食事レシピを研究して自分なりの冷え性対策のメニューをいろいろと考えてみてはいかがでしょうか。

 

レパートリーを増やせば楽しみながら冷え性対策を行っていけますし、家族や友達にも勧めて一緒に冷え性対策に役立てられるでしょう。

 

冷え性を改善する運動にはどのようなものがある?

ふくらはぎ強化で血流促進

足がだるい運動ウォーキングと腸

冷え性を改善するためには運動も必要です。

 

とくに現代人は運動が不足がちのため、それが冷え性の原因になってしまっているケースが多いのです。

 

では冷え性を効果的に改善していける運動にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

運動がもたらす冷え性改善効果にはまず筋力の強化による血行不良が挙げられます。

 

下半身、とくにふくらはぎの筋力が弱いと血液を心臓にまで押し流すことがうまくできずに血流が滞ってしまうのです。

 

この下半身の筋力を強化するのにピッタリな運動はやはりウォーキングとランニング。直接足を使う運動なので高い効果が期待できます。

ウォーキングは腸の運動も活発化できる

足がだるい運動ウォーキングと腸

日ごろ運動不足の人はウォーキングがオススメです。ウォーキングとランニングの効果は血行不良だけに留まりません。

 

脂肪を燃焼し、新陳代謝を活性化させ、腸の活動を活発にする効果もあります。

 

腸と冷え性はあまり関係がないようにも思えますが、実際には体の代謝と深く関わっており、腸内環境の悪化が冷え性の引き金なることも多いのです。

 

さらにストレス解消効果も重要なポイント。

 

体を動かすだけでもストレス解消になるものですが、ウォーキングとランニングは外の空気を吸い、景色を見ながら運動することでより高い心身のリフレッシュ効果が期待できます。

 

ストレス解消によって自律神経を調節し、交感神経による血管の収縮作用を改善することができます

ストレッチで体の歪みも改善

足がだるい運動ストレッチ

冷え性を改善する運動ではストレッチもオススメです。ウォーキングよりもさらに負荷が少ないので運動が苦手な人でも簡単にできるはずです。

 

ストレッチには筋肉を柔らかくする効果に加えて骨盤をはじめとした体の歪みを矯正する効果もあります。

 

女性の場合はホルモンバランスや姿勢が原因で骨盤が歪んでしまうことが多いため、ストレッチがとくに有効です。

 

できればウォーキング・ランニングとうまく組み合わせて行いたいところ。

 

他にもややハードな方法として筋肉トレーニングも短期間で筋力を強化できる方法としてオススメです。

 

日々の生活の中で無理なく取り入れられる運動方法を見つけて実践してみましょう。

 

冷え性に効果的なサプリメントとは?

冷え性に効果がある成分も注目

足がだるい冷え症サプリ

サプリメントを活用して冷え性対策を行っていくこともできます。

 

サプリメント市場の拡大に伴って多くのメーカーがさまざまな製品を市場に送り出している状況です。

 

その中には冷え性対策に役立つものも多いのです。では冷え性に効果的なサプリメントにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずポイントとしては冷え性の改善のために開発されたサプリメントを選ぶか、

 

冷え性に効果が期待できる成分が配合されているサプリメントを選ぶかの選択があります。

 

前者の方が選びやすいのはもちろんですが、あくまで自分に合ったものを選んでいく必要があります。

 

効果

役割

主な成分

血行促進

体の内面から冷え性を改善

ローヤルゼリー・イチョウ葉・明日葉・モロヘイヤ

抗酸化成分

活性酸素の働きを抑制して、血管の老化自体を防ぐ

ビタミンC・E、ポリフェノール等

血行改善・動脈硬化予防

血液の流れをスムーズに

ナットウキナーゼ、ケルセチン、スコルジニン、DHA・EPA

 

 

冷え性に改善のために開発されたサプリメントの大半は血行促進効果をメインにしています。

 

またナットウキナーゼは納豆に、ケルセチンは玉ねぎに、ニンニクに含まれているスコルジニン、青魚に含まれているDHA、EPA…

 

血行改善・動脈硬化予防成分は日常の食事からも取りやすい物が多いです。

 

こうした成分をサプリメントで補うことで冷え性対策を効果的に行っていくことができるでしょう。

 

製品ごとの配合成分の組み合わせも考えた上で自分に役立ちそうなサプリメントを選んでみてはいかがでしょうか。

 

添加物がなるべく含まれておらず、天然由来の成分を使用しているかどうかもポイントです。