朝起きると足がむくんでいるのはなぜ

前日の食事・特に飲酒が原因

足がだるい起床前日

朝起床すると足のむくみやだるさを感じることもあります。

 

せっかく睡眠で疲労回復してスッキリと目覚めたはずなのにいきなりこういった症状を感じてしまうと朝の気分も台無しになってしまいす。

 

どうしてこのように症状が見られるのでしょうか。原因として考えられるのは前日の食事

 

アルコールを大量に摂取した場合にとくによく見られます。

 

足がだるい起床塩分過多

アルコールの大量摂取による血管の収縮や疲労回復に必要なエネルギーの不足が足がむくむ、

 

だるいといった問題をもたらすのです。あまりよく眠れなかった場合にとくに多く見られます。それから塩分をたくさんとった場合。

 

塩分が多めの夕食をとると血管の水分が失われてしまい、血行が悪くなり、足がむくむ、だるいといった症状があらわれるのです。

水分の過剰摂取で全身もむくみやすく

足がだるい起床水分摂取全身むくむ

日本人の食生活は塩分が多い傾向があるだけにとくに注意しておきたいポイントです。

 

アルコールの摂取とも関わってきますが、水分の過剰摂取も朝に足がむくむ原因として考えられます。

 

足だけでなく全身がむくんでしまうことも多いので注意が必要でしょう。あと考えられるのは疲労の蓄積。

 

とくに前日にたくさん歩いて疲労している場合には一晩の睡眠だけでは解消しきれず、朝まで残ってしまうことも多いのです。

 

足がだるい起床水分摂取全身むくむ

これにアルコールの摂取やエネルギー不足が加わると足がむくむ、だるさとなって現れます。

 

こうした朝起きた時の足のむくみやだるさの原因は生活習慣の改善で対処することも可能です。

 

自分がこうした問題を抱えていないかどうか、見直してみてはいかがでしょうか。